自身の肌にあったクレンジングゲルの比較

subpage01

女性には欠かせないメイク落としですが、メイク落としにもいくつか種類があります。


手軽に使えるシートタイプのものや、オイル、ゲルタイプのものなどがあります。

それぞれご自分の肌にあったものを使うのが一番ですが、シートタイプのものは強く擦りすぎてお肌に余計なダメージを与えてしまうこともあるので、毎回使うのではなく疲れてすぐに寝てしまいたい時など、たまに利用するのがいいでしょう。

オイルは洗浄力が強いので、必要な顔の皮脂まで落としてしまったり、ニキビ肌の方はニキビを悪化させてしまう可能性があります。
比較するとクレンジングゲルが肌の負担も少なく、敏感肌、乾燥肌の方にもオススメです。クレンジングゲルにも、オイルフリーの水性ゲル、オイルインの水性ゲル、油性ゲルとあります。オイルフリーの水性ゲルは、メイク落ちがあまり良くないので濃いメイクの方だと化粧が残ってしまい、オイルが入っていない分肌が乾燥することもあります。

クレンジングゲルの比較に有効な知識の紹介です。

ですが、洗浄力が少ない分刺激が少なく化粧の薄い方や、マツエクを付けている方も利用できます。


オイルインの水性ゲルはオイルフリーのものと比較すると、メイクをしっかり落とすことができ、油分が入っているので洗い上がりをしっとりさせることができます。


普段しっかりメイクをされてる方はこちらのほうがいいと思います。



油性ゲルはオイルをゲル状にしたものなので洗浄力に優れています。



ウォータープルーフのメイクなどもきちんと落とすことができますが、普通のオイルクレンジングよりは乾燥を防ぐことができます。
しかし洗浄力の強い分肌への負担も少し多くなります。
季節や、肌の状態に合わせてご自身にあったクレンジングゲルを比較して選びましょう。